KERO House

ケロのこだわりと妥協の家造りの軌跡(現在進行中)

ブログ引っ越しました。今後は新しいブログでお願いします。

引越し先: KERO House : http://kerohouse.wp.xdomain.jp/

自然素材が売りのeコモの完成見学会

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

順番で言うと次に行ったハウスメーカーが現在の本命で何度も通ってて進めているところだけど、それについては後日書くことにして、それ以降に1社だけ行ったところがあるので、まずはそれについて書いてみる。

 

 

本命の住宅メーカーが見つかったものの、確定ではないし、ひょっとして予算の面でダメになる場合も考えられる。

この時点ではあと3社ほど気になっているハウスメーカーがある。

吉祥寺のSタイルワン、下丸子のS健舎。これらは東京都内でちょっと遠い。

残る一つの、神奈川にあるeコモという会社に行ってみた。

 

  

この時期にはこの本を読んでた。

本っていうか電子ブックだけど。。。

 

単純な私はセルロースファイバーの良さに惚れてしまった。

高断熱高気密に加えて、高耐久も目指したいという思いから、まずはシロアリ。

シロアリにやられないというか被害を早期発見できる家。

それと壁内結露しない家。窓の結露はまだいいとしても、壁の中の結露は発見が困難。

そこで、セルロースファイバー。これは良さそう。
そうすると透湿する壁にして云々。。。という話になっていく。

 

この紹介した本に書いてあるZ工法を取り入れているのが今回行ったeコモという設計会社というか工務店というかってとこ。

セルロースファイバーだけじゃなく自然素材を売りにしている。

 

まずは説明を聞きに行きたかったんだけど、なかなか時間がとれずにいたら、完成住宅見学会の案内が来たので、その後に話を聞くことにしていきなり見学会に参加してみた。

ちなみに嫁は予定が入ってしまったため、私一人での参加。
担当の営業さんもいるわけじゃないので、話を聞くのはともかく、見学会の一人参加はちょっと寂しかった。。。

 

 


会社近くの駐車場に集合。そこから2、3台のマイクロバスに乗り込んでいく。
子供も含めて20人以上位の参加で、思ったより大盛況みたい。
スタッフは若めの兄ちゃん、姉ちゃんでよく見るようなおじさんとかいないのが異色。

 

まず1棟目。
まず私の買えそうにない鎌倉の高級住宅街エリアに建つ2世帯住宅想定の屋上付き。入居前の状態。

自然派らしく漆喰壁や無垢材が売り。

人数構成なのか、間取りはゴチャゴチャとしてて私好みではないが、これが施主希望であればそれでいいんだろう。

ここで天井の木が割れてたり、傷ついてたりしたのが気になった。
木が割れるのはそういうものなのかもしれないけど、傷はおかしいだろう。

聞くと、天井だけど元々隠すところだったのを急遽変更したかららしい。

でもこんなポンポン傷つくような施工状態なのか?
多少なりとも修正しようと思わなかったんだろうか?

加えて、屋上に行く階段が狭く低く頭が当たるくらいだったので、スタッフにここの高さ制限とかを聞いたんだけど、答えられない。

この会社は営業がおらず全員設計屋って聞いた気がするんだけど、そういう制限も知らんのかってちょっとびっくり。

 

ってのはさておいても、完成して入居前の状態の家に20数人が全員一度に入って見学。

手袋はさせられてるとはいえ、子供はあちこち行きまくり、扉とか開けまくる。

スタッフは各部屋や各階にいるわけでもないし、特に注意はしていないので、やりたい放題。

自分が施主ならこんな見学会は絶対に行ってほしくない。

それよりも、こういうのを平気で行っているこの会社に対する評価がガタ落ち。

以前行ったS水の住宅見学会ではもう住んでいたこともあるだろうけど、一度に入るのは6人までとか決まってたし、勝手に2階に上がるとかは出来なかったはず。
ポリシーの違いかなぁ???

 


2棟目。
1棟目よりはちょっと田舎に行った感じの場所。ここも入居前。
小さめの25坪位の家。目の前が川でその風景を活かした作り。
ここも似たようなテイスト。白い壁にちょい黒目の無垢材。

気になったのが2階のお風呂の透明な窓。
いくら前が川と言ってもその向こうは人の家がある。
お風呂の透明な窓からは向こうの家が見えるんだけど、これどうするんだろう?ブラインドくらいはつけるんだよね?

ってな位で特に他に印象の良し悪しなし。

ここでも子供がロフト駆け上がったりとやりたい放題。スタッフは放置。

 

ここの横に基礎だけできている物件があり、ここにもこの会社の看板があったので、ここの施工かもしれない(未確認)。
ただ、その建物は見学の家と違って基礎外断熱のようで基礎の周りに断熱材があった。
こういう施工現場をしっかりと見たこと無いから比較できないけど、断熱材の隙間が気になる。
防蟻の断熱材使ったとしてもこういう隙間からあがってきたりしないんだろうか???と疑問。
ただ、1軒目の件があったのでもうスタッフに質問する気力なし。

 


3、4棟目。
海辺の高級住宅街に建つ社長の友人だという人の築半年位の豪邸とその隣の社長宅見学。
社長宅は新築時はモデルハウスとして使ってたらしい。
土地も含めるといくらになるんだろうなぁ。我々じゃ到底ムリだろうなぁ。。。。
ベランダにボートがあってクレーンで降ろせるようになってたりするし。。。

海のすぐ横なので、塩害対策とか聞きたくも思ったけど、すでにここの会社に対する思いが萎えていたので特に聞かず。

その後出されたエコなお弁当を食べてから見学終了。

 

帰る前にちょっと問題発生。

豪邸とはいえ一般家庭な一軒家に20人以上がいる状態。

トイレが渋滞。トイレ並んでたら中から悲鳴が聞こえる。

入ってみて納得。水が流れない。。。。

焦る焦る。タンクレスのトイレのようだけど、水が追いつかないのかな?
横のつまみをひねるとちょっとだけ水が流れる。こちらは小だけだったからそれでなんとかなったけど、大だったらどうなってたことやら。。。

というわけで、ちょっと焦ったけど、そのまま帰路に。集合場所の駐車場にて解散。

 

 

もぅ行きたくなかったけど、一応予約してたので、終了後、会社によって話を聞く。
応対したのはたぶん社長。

スタッフが住宅屋っぽくない若めの兄ちゃんが多かった理由がわかるような若い社長。
話しぶりには自信があふれている。

合う人には合うんだろうけど、私には合わない。もう少し低姿勢な人のほうが好みだし。
例えば、木製サッシは絶対雨漏りするとの事。自信マンマン。
でも、APW330はトリプルだっていう私に対して、いやいやトリプルじゃない言い張ってたけど、調べてみたら真空トリプルって書いてあるんだけどなぁ。

最高の4つ星断熱性とデザインの樹脂窓「APW330」- YKK AP株式会社

まぁいいけど。。。

 

向こうも特に嫌なら他に行ってくれって感じだったので、すぐにお話終了。
今までで一番短い話し時間だったと思う。

 

 

まぁつまるところ、

自然素材に拘りがあって社長と合う人ならいいかもしれない。

しかし、私的には、いくら自然素材を売りにしてても、今回の見学会のようなやり方を当たり前と思う会社には頼みたくないし、社長とも気が合いそうもないので終了。。。

会社の前にある自然派素材のお店を見たら、とてもいい印象になるんだけど、そういうイメージと全然違った現実。まさに百聞は一見に如かず。

 

広告を非表示にする